東京朝顔研究会 ご挨拶、本会の紹介 直前のページに戻るボタン サイトマップに移動するボタン

ごあいさつ

東京朝顔研究会
会長 雨間 秀浩

 ようこそ 東京朝顔研究会のホームページを開いていただきまして、ありがとうございます。
 Come come every body how do you do and how are youー.です。
 狸ばやしのメロディーに乗って 戦後の早朝にNHK(当時はJOAK)ラジオ放送から流れた英会話教室のテーマ音楽の文句でした。
 この横文字を読まれて ”懐かしいな!”と思い出す人か、”何だ こりゃぁ!”と朝顔の誘いには不似合だといぶかる方もおいででしょうが、ご覧になられて気負わず気軽に当会のお仲間に加わっていただければ幸いと、古いと思いながら引きました。
 朝顔は ご承知のように、平安朝の頃、大陸より医薬の一つとして貴重な目的で伝来した植物です。素より花は小さく鑑賞に堪えるものではなく、小さな種子粒が(牽牛子の名)病治療が役目の下剤であり、高貴な大宮人だけの御用薬だったのです。
 その後 薬剤の進歩によって、下剤の価値も次第に薄れてしまいますが、朝顔も時の流れとともに花色も変わって花の美しさに心を寄せられるようになり、大輪の花が咲くまでに進化して今日に至っています。
 中国では全く廃れた朝顔は、我が国にすっかりと根ざして、1,400年余りに亘って育まれ 伝統文化の一翼を担って多彩な花を咲かせてくれます。当然ながら当会もまた その伝承と発展を責務と考えます。
 日比谷公園で毎年開催させて頂いている展示会では優秀作品に農林水産大臣賞、環境大臣賞等の大賞と都知事賞、都議会議長賞が授与されます。飽くまでも趣味の同好会ですが全国に数ある朝顔会の中でも伝統・実績・有能な会員数、充実した年会報の発刊等々、東京朝顔研究会は斯界に存在を示す ご期待を適える会だと自負しております。
 島津や黒田の殿様、鍋島の殿様 他の諸侯が手を染めた朝顔です。老若男女・市井の人々から碩学泰斗の方々まで幅広く愛でられている一朝の花・朝顔の魅力をどうぞたっぷりとご堪能されて下さい。
 ホームページ開設に当たり拙文一筆のごあいさつで失礼いたします。  

大輪朝顔について
 小学一年生が学校の教材で用いるような朝顔は、直径5〜8cmの可憐な花ですが、私たちが栽培している大輪朝顔は、花径を大きくする遺伝子をいくつも持っており、上手に咲かすと22〜25cmにもなる品種です。明治から現在まで、優れた形質の花どおしを掛け合わせ、次第に巨大輪の優れた花を咲かせられるようになりました。現在、当会では平成28年度日比谷展示会にて「浦霞5613」が25.5cmの花径で咲き、8年振りに最大花の記録を3mm更新しました。

東京朝顔研究会の紹介
 私たちの会は、首都圏を中心に、全国にいる200名ほどの会員がいる、日本一の大輪朝顔の会です。
 研究会とありますが、研究機関というわけではなく、大輪朝顔を愛する一般人からなる同好の会です。
 歴史は古く、明治40年に設立された伝統のある会でもあります。
 私たちは、戦乱を潜り抜け先人が守ってきた優良品種や栽培技術を受け継ぎ、優良種の作出改良、1mmでも大きく咲かすため栽培技術のさらなる改善開発を日々繰り返し、現在蔓づくりでは直径25.2cmの開花を見るに至っております。
 また、葉を小さく仕立てながら蔓を伸ばさずに短く切り込み、17cm以上の直径の大輪朝顔を咲かす、草姿のバランスを整えた切込盆養仕立という優美な仕立て方の大輪朝顔についても、鮮やかな色、優雅で極めて優れた模様の品種の作出を多数行っています。
 これら優良品種の作出や栽培技術の開発は、個人の努力では限界があります。
 同好の士が集まり、共同、協力しながら研究し、共有してこそ、大きな成果を得られるものと考えます。
 特に優良品種ほど種が取れにくく、取れた種を分散して保存し、栽培することで、もし誰かが栽培に失敗しても、誰かが種を残すことができれば、優良な遺伝子を残すことができます。自分だけではやりきれない栽培技術の向上の研究も、共同で研究することで、短期間で多数の成果が得られます。


関連項目 東京朝顔研究会ホームページ   このページの先頭に戻るボタン 直前のページに戻るボタン
本サイト内の記事、画像、デザイン、構成及び、構造等に関する著作権は本会に帰属します。 法律で許可された範囲を超えての無断転載、及び複製転載することを禁止します。
ログイン日時: Copyright (C) 2013  東京朝顔研究会
 初版:2013年3月31日